森山人形

奈良県高市郡にある「森山人形」は、雛人形・五月人形から結納まで日本の伝統を守る製造直売のお店です。

森山人形
HOME > 森山人形 > 結納について

結納について

  • 結納とは

    結納について

    結納とは、「結婚の約束」を公にするために行う、伝統的な儀式です。
    結婚の約束をした証として、
    両家の間で金品を取り交わし、婚約を確かなものにします。
    また、男性側にとっては、大切な娘を嫁に出す女性側の親に対し、誠意の気持ちを表す場にもなります。
    その後、二人の婚約を祝し、両家で祝膳を囲み、二人の関係を両家が認め合うことで、二人にとっても「結婚するんだ」ということを自覚する良い契機になる事でしょう。

    森山人形では、婚約指輪もご購入いただけます。
    詳しくはこちら

  • 結納の日

    結納の日は、黄道吉日と云って暦の上の大安吉日を選ぶのが最適です。
    最近では旧弊にこだわらず、ご両家の都合のよい日を選べば良いですが、午前中に執り行う方が良いでしょう。

  • 結納飾りと由来

    結納品

    地方によって異なりますが、結納金の一割程度の飾りが良いと思われます。
    結納品の品数は、五点・七点・九点・十一点・・・と奇数を吉例です。
    熨斗、寿恵広、帯地料、柳樽料、松魚料、寿留女(するめ)、子生婦(昆布)、高砂、角樽、結美和(指輪)、帯等結納品として贈答される品々は多種多様ですが、それぞれの品々には古来から色々の願いや意味が込められてます。

    帯地料(松)・・・長寿と健康、松の緑のように永久に栄えるように。
    柳樽料(竹)・・・節度、潔白、真直ぐな生長を祝う。
    松魚料(梅)・・・忍耐と春に先がけて一番早く花を咲かせ実を結ぶを祝う。
    熨斗(鶴)・・・千年の齢を保つを祝うと共に、一羽が死んでも絶対に他の鳥と一緒にならない節操を保つところから夫婦はこのように。
    寿恵広(亀)・・・万年の齢を祝い、共に急がず、休まず、一歩一歩末永く幸せを築くように。
    寿留女(寿留芽)・・・永遠不変を象徴し、長生きして我が家に留まっていただくように。

  • その他の結納用品

    高砂人形

    【富久紗・風呂敷・広蓋】
    結納品には富久紗を掛け、定紋入りの風呂敷で包み仲人が嫁方に持参します。
    結納以外にも、御祝、ご進物等に使えます。
    ご先祖様へのお供、お土産には、お線香・蝋燭セット、りん台等を準備します。

    【結納受け】
    嫁方は受書をしたため、受セット(白木台に末広・懐紙・結納金の一割を入れた金封・受書)を広蓋にのせて富久紗を掛けて仲人に差し出します。